もんぺ展 in OZ

もんぺ展 in OZ

日本独自の発展をとげている伝統工芸「久留米絣(くるめかすり)」
現代の生活の中で履きやすくスリムになった 「日本のジーンズ・MONPE」が、実はひそかなブームになっています。

大好評だった昨年に引き続き、福岡県八女市のアンテナショップ「うなぎの寝床」さんとコラボし、山口で久留米絣の魅力を伝えるための企画展「オズのもんぺ展」を、ギフトギャラリーオズ各店で順次開催いたします。(開催予定の店舗と日時はこちら

私たちの頭のなかでイメージしている「素朴で田舎風のもんぺ」とは違う、どこかスタイリッシュで、都会的なMONPE
どんな服にも合わせやすいデザイン色合いが、年齢・性別問わず高い評価を受けています。

一度履いたら、ジーンズや他のパンツが履けなくなるかも?
その気持ちいい履きごこちと優れた機能美を、ぜひ一度体感してみてください。

伝統の活動衣を、日常着として。

日本のジーンズ「もんぺ」

1942年、厚生省が婦人標準服という規格を発表し「もんぺ」は活動衣として指定され全国に広まりました。
福岡県南部の筑後地方では久留米絣(くるめかすり)という伝統工芸が今でも残り、30件ほどの織元が今も織物を続けています。久留米絣は、昔ながらの織り機を使用した綿織物で、限りなく手織りに近い風合で、やわらかく丈夫です。この地方では昔からもんぺの生地が織られていました。

アンテナショップ「うなぎの寝床」

日本の「もんぺ」という伝統の活動衣に日常着としての可能性を見出し、広める取り組みを続けられている、福岡県八女市の「うなぎの寝床」さん。九州筑後地方のものづくりについて盛んに情報発信をされており、毎年、久留米絣の魅力を伝えるための企画展「もんぺ博覧会」を開催されています。

ウェブサイト
http://unagino-nedoko.net/
http://monpe.info/

開催予定

もんぺ展 in オズ岩国店(店舗情報

・2017/5/20(土) ~ 6/4(日)
・うなぎの寝床「もんぺ」、型紙、生地の展示・販売

もんぺ展 in オズ出雲店(店舗情報

・2017/6/9(金) ~ 6/25(日)
・うなぎの寝床「もんぺ」、型紙、生地の展示・販売

このページの上へ